SHINYA MATSUMOTO | 松本真哉

OCCUPATION | UNITED ARROWS LTD. | Executive Officer.Creative Director.
RESIDENCE | Kawasaki, KANAGAWA.
HOME POINT OF SURFING | Horikawahama, CHIBA.Ohhama, IZU.

ABOUT LEXOL |
とにかく軽くて柔らかい、カシミアセーターのようなウェットスーツ。ノンジップ仕様のレスなデザイン感も相まって、これまでウェットスーツというジャンルでは感じたことのなかった上質感やクラス感を感じる。
黒よりもさらに目立たないこの至極控えめなダークグレーのカラーも大人っぽくてクールだと思う。

SURFING IN YOUR LIFE STYLE |
典型的な週末サーファー。仕事上たくさんの人とコミュニケーションする機会が多いせいか、若い頃と違って最近は一人でサーフィンするのが好きです。
週に一度、人の少ないポイントでポツンとサーフィンすることで、なんとなく生活のリズムが整っているのかもしれません。職業柄、流行とかオシャレとかからくる閉塞感?ストレス?もやっぱりあるのでサーフィンに出掛けるとき、特に一人のときは少しダサい服を着ていくようにしています。

SURF TRIP IN A LIFE TIME |
当てもなく出かけたサーフトリップで行き着いた徳島県の宍喰周辺のポイント。
まったく知らない土地で、かつ誰も入っていない海(ポイントなのかも不明)でしたが、どう見ても胸〜肩のつるっとしたパーフェクトな波だったので、鮫ポイントかな?超ローカルオンリーなのか?など不安をたっぷりと抱きつつも、草むらに車を停めて(彼女を残し)入水しました。
実際に入ってみるとマシンウェーブのような安定した波で、全ライド50mくらいは楽に乗れるというなんとも不思議な贅沢サーフィン体験でした。2時間くらいサーフィンしたと思うのですが、なんだかあまりにも贅沢で逆に怖くなって、すぐに上がりました。(翌日行ったらたくさんのサーファーが入っていたので、本当に超たまたまの状況だったのかもしれません。)
これからのトリップ計画は具体的には未定ですが、また知らない土地で誰も入っていない海に入ってみたいと思っています。歳を取るとそういった勇気や冒険力がなくなってきますが、できればずっと少年のように目を輝かせながら歳を取りたいと思っているので笑、そのためにも一人冒険サーフィンを続けていきたいです。